働 けど 働 けど なお わが 暮らし 楽に なら ざり そっと。 石川啄木 はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢっと手を見る『一握の砂』

現代の働けど働けど我が暮らし楽にならず問題とは?短歌の意味や解説も

そっと 働 なら けど けど ざり わが 暮らし 楽に なお 働

これは石川啄木の「一握の砂」という作品です。 この「働けど働けど」の歌は『一握の砂』の中の一節です。

すしとあの人・117 「石川啄木」

そっと 働 なら けど けど ざり わが 暮らし 楽に なお 働

「一握の砂」という題名の歌 「働けど働けど」から始まる石川啄木の有名なこの歌は「一握の砂」という題名です。 今回ご紹介している「一握の砂」にはそんな石川啄木の現実逃避をするかのような心情も組み込まれているような気がしますよね。 はたらけど はたらけど猶 わが生活(くらし) 楽にならざり ぢつと手を見る• ちなみに、すっぽかした時期に滞在した仙台の旅館の宿泊代金も、踏み倒しています。

2

「働けどはたらけどなお、わがくらし楽にならざり」…労働者の苦悩を感動的に歌った石川啄木。その生活は放蕩三昧、超自分勝手だった!

そっと 働 なら けど けど ざり わが 暮らし 楽に なお 働

啄木の時代の回想や、故郷・岩手への望郷を歌った歌、貧困と挫折で鬱屈した心情などを歌った歌等が収められている。 そのサウロが、人生の一大転機の時に視力が奪われ、人に手をひいてもらい、自分の力ではなく他人に頼らなければ何事もできないということを経験するのです。 この短歌を知ったのは私がまだ小学生の低学年だったと思います。

石川啄木 はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢっと手を見る『一握の砂』

そっと 働 なら けど けど ざり わが 暮らし 楽に なお 働

26歳の若さでこの世を去った薄幸の天才歌人の短い人生は、さぞ清貧だったのだろう…そうイメージしてしまいそうです。 住民税は前年の所得から計算されていますので、 たとえ現在が不安定な収入であっても、 昨年6月まで会社勤めをしていたわたしには、 どどーんと課税されてもう泣きそう。 - 啄木、23歳の時でありました。

11

働けど働けどなおわが暮らし楽にならざりける

そっと 働 なら けど けど ざり わが 暮らし 楽に なお 働

母や妻子からは東京で一緒に暮らしたいと催促の手紙が度々届いていたが、彼らを養うことを負担に感じていた啄木は、浪費によって、現実から逃避していた。 嫁姑問題に始まる家庭での居心地の悪さと、彼自身の酷い浪費癖によって発生した借金によって生活に苦しさを感じていた石川啄木が、全文でそんな自身の状況を素直に詠んだ作品だと言えます。 作品が、作者の現実の人生とリンクするとは限らない。

19

はたらけど はたらけど猶(なほ)わが生活(くらし) 楽にならざりぢっと手を見る

そっと 働 なら けど けど ざり わが 暮らし 楽に なお 働

啄木さんは「玩具」や「小生の遊戯」と短歌を位置づけていたが、ありのままの想いをぶつけた短歌が後世に評価されるに至ることは本人にとっては皮肉なことなのかもしれません。 先日、わたしのもとにも住民税の支払い通知がきました。

20