男女 雇用 機会 均等 法。 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律

男女機会均等法(男女雇用機会均等法)とは? 禁止例、ハラスメントについて

均等 法 雇用 機会 男女

素案ではであるかどうかを問わず,募集や採用,さらには昇進,職種変更時も,不必要な転勤に応じる意思の有無で結果に差をつけることを禁止するとしている。 事由の終了から1年を超えている場合であっても、実施時期が事前に決まっている、又はある程度定期的になされる措置((不利益な配置変更等)、人事考課(不利益な評価や降格等)、(契約更新がされない)など)については、事由の終了後の最初のタイミングまでの間に不利益取扱いがなされた場合は「契機として」いると判断される。 被害に遭った場合は、教育委員会などが設置する窓口に相談するとよいでしょう。

19

均等法Q&A|厚生労働省

均等 法 雇用 機会 男女

97年法では、雇用上の募集・採用、配置・昇進・教育訓練、福利厚生(ただし厚生労働省令で定める福利厚生措置に限る)、定年・退職・解雇について、女性労働者を男性と差別的に取り扱うことを禁止した。 パーソナルハラスメント パーソナルハラスメントとは、容姿や性格、癖や趣向などプライベートで個人的な部分に対して文句を言うなどの嫌がらせを行うことで、容姿に関してあだ名をつける、癖などをからかう、個人的趣向を理由に仕事を制限するなどの行為が該当します。 セクハラは異性に対してのみならず、同性に対するものも含まれる。

16

男女雇用機会均等法|日本女性学習財団|キーワード・用語解説

均等 法 雇用 機会 男女

「男女雇用機会均等法」改正の歴史 1986年に制定された後、1999年、2006年、2016年と3度改正されています。 同法は、「勤労婦人福祉法」(1972年)を改正したもの。 しかし、過去における差別によって、男女間の従業員数などに差が生じているといった状況を改善するために行う「女性のみを対象とした措置や有利な取り扱い」を行う「ポジティブ・アクション」は違法ではないとする特例も同時に設けられました。

6

男女雇用機会均等法とは?男女雇用機会均等法について徹底解説!

均等 法 雇用 機会 男女

たとえば特定の性を教育・訓練の対象外としたり、研修の内容や期間を男女で異なるものにしたりするなどです。 ただ、ご相談の内容から見て、性差別の可能性もあり、実態を把握した上で判断する必要がありますので、雇用均等室へご相談ください。 そんな、男女の平等が当たり前として、浸透しつつある現代にとって最も知っておくべき法律の一つに「男女雇用機会均等法」があります。

13

男女雇用機会均等・女性活躍|宮城労働局

均等 法 雇用 機会 男女

また会社の寮の入居対象者を特定の性に限定するなども違法です。

7

均等法Q&A|厚生労働省

均等 法 雇用 機会 男女

ここからは事業主に対して具体的に差別が禁止されている項目について、例を挙げながら詳しく説明します。 これらが違反者に対する実質上の社会的制裁として、一定の拘束力は有しているとされる。 たとえば、事務職・・などの職種で、男性であることを理由に採用しない事業者があったという。

6

「社会と女性と法律と」その18 【1997年(平成9年)改正男女雇用機会均等法成立】

均等 法 雇用 機会 男女

法改正も進み、女性の社会進出は促進されていますが、管理職比率などは世界的に見るとまだ低い水準です。 法改正の歴史 1986年の施行当初、各種差別の禁止項目は努力義務でしたが、1999年の改正により禁止規定となりました。

4