ビソプロロール フマル 酸。 ビソプロロールフマル酸塩錠2.5mg「JG」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

医療用医薬品 : ビソプロロールフマル酸塩 (ビソプロロールフマル酸塩錠0.625mg「テバ」 他)

フマル 酸 ビソプロロール

本剤の投与を急に中止した場合、心不全が一過性に悪化するおそれがあるので、本剤を中止する場合には、急に投与を中止せず、原則として徐々に減量し中止すること。

1

ビソプロロールフマル酸塩錠5mg「サワイ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

フマル 酸 ビソプロロール

治療している病気の種類によって症状や発症確率が変わってきますが、主な症状は 徐脈などの脈拍数の減少が原因のものです。 相加的に作用(交感神経抑制作用)を増強させる。 6.頻脈性心房細動の場合:心不全を合併する頻脈性心房細動患者では本剤投与により心不全の症状を悪化させる可能性があるので、心機能検査を行う等、観察を十分に行う。

6

医療用医薬品 : ビソプロロールフマル酸塩 (ビソプロロールフマル酸塩錠0.625mg「日医工」 他)

フマル 酸 ビソプロロール

• 5mg「日医工」及び標準製剤を,クロスオーバー法によりそれぞれ2錠(ビソプロロールフマル酸塩として5mg)健康成人男子に絶食単回経口投与して血漿中ビソプロロール濃度を測定し,得られた薬物動態パラメータ(AUC,Cmax)について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果,log 0. また、患者の本剤に対する反応性により、維持量は適宜増減するが、最高投与量は1日1回5mgを超えないこと。 房室ブロック<1度>• 気管支痙攣• 急性心不全や喘息、レイノー症状のある人は基本的に禁忌です。 。

13

ビソプロロールフマル酸塩錠0.625mg「日医工」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

フマル 酸 ビソプロロール

心室性期外収縮• 2.慢性心不全患者に使用する場合には、投与初期及び増量時に症状が悪化することに注意し、慎重に用量調節を行う。 重度末梢循環障害のある患者 壊疽等 [末梢血管の拡張を抑制し、症状を悪化させる恐れがある]。 虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全• 頻脈性心房細動の場合 心不全を合併する頻脈性心房細動患者では本剤投与により心不全の症状を悪化させる可能性があるので,心機能検査を行う等,観察を十分に行うこと。

8

メインテート(ビソプロロール)のハイリスク加算

フマル 酸 ビソプロロール

日本人慢性心不全患者を対象に、承認用法・用量とは異なる用量調節方法 1日1回0. 心臓の働きすぎを抑え心筋の異常な収縮をしずめます。 高度徐脈を来した場合には、本剤を減量し、また、これら症状が安定化するまで本剤を増量しない。

16

ビソプロロールフマル酸塩錠5mg「テバ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

フマル 酸 ビソプロロール

血糖値に注意し、異常が認められた場合には本剤の減量若しくは投与を中止する。 診断の結果、医師がより適切だと判断した薬が処方されますが、処方について不安や疑問がある場合は医師に相談しましょう。 虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全• 洞不全症候群• 5mg経口投与から開始し、効果が不十分な場合には1日1回5mgに増量する。

10