禁 中 並 公家 諸 法度。 武家諸法度

禁中並公家諸法度 京都通百科事典

並 諸 公家 中 法度 禁

原文 原文は漢文で書かれており、全17条。

武家諸法度と禁中並公家諸法度の違いとは?

並 諸 公家 中 法度 禁

但平人者本寺推学之上,犹以相撰器用,可申沙汰事。 実際にの最中の19年以降、家康は戦時中にも関わらず側近のや武家伝奏であるとを大坂の陣中に呼んで「古今礼義式法之相違」に諸公家の意見を集約するように度々促しており、公布直前のには滞在中の家康から有力に原案が提示されてその意見をもとに修正が加えられている(橋本、2002年、P540-554)。

13

武家諸法度

並 諸 公家 中 法度 禁

禁中並公家諸法度とは 禁中並公家諸法度とは1615年( 慶長20年)に 朝廷中心に制定された法律のことです。 当初は〈公家法度〉〈公家掟〉〈公家中諸法度〉などと呼ばれており,天皇を指す〈禁中〉という称呼が加わったのは17世紀後半である。

12

禁中並公家諸法度

並 諸 公家 中 法度 禁

13条:元関白が出家して僧侶になった場合、元親王が出家して僧侶になった人間より下とする。 紫袷・紫裡・練・無紋ノ小袖ハ猥リニコレヲ着ルベカラズ。 これは歴史上で見れば、にで朝廷内が紛糾した際にが原則を呈示して仲裁にあたった事例に近い性質のものである(ここで問題とされたものは、後にやなどで再び議論が持ち上がったものばかりで、幕府権力をもってしても困難な課題であった事も共通している)。

「禁中並公家諸法度」(『徳川禁令考』)-史料日本史(0615)

並 諸 公家 中 法度 禁

[橋本政宣] 内容 17か条からなる。

禁中並公家諸法度とは

並 諸 公家 中 法度 禁

して記事の信頼性向上にご協力ください。

18