トランプ 逆転。 バイデン氏「三日天下」の可能性 消せない不正選挙疑惑、トランプ氏大逆転は最高裁判決が鍵 大原浩氏緊急寄稿 (1/3ページ)

トランプ大逆転? ?導かれしバイデン? 投票用紙には不正防止の透かし 『お楽しみはこれから』

逆転 トランプ

いずれにせよ、一つ言えることはトランプ側は勝利に自信を持っています。 現地特派員によれば、 「ジョージア州ではバイデン優位ながらトランプとの得票差はわずか0・2%。

トランプ大逆転? ?導かれしバイデン? 投票用紙には不正防止の透かし 『お楽しみはこれから』

逆転 トランプ

前回の米大統領選挙でジェームズ・コミー前米連邦捜査局(FBI)長官は、投票日の11日前にヒラリー・クリントン元国務長官に関するメール問題の捜査再開を発表しました。

4

ジャーナリスト・門田隆将氏が〝トランプ逆転〟に言及「連邦最高裁が不正事実を確定するまで闘えば恐ろしい事に」

逆転 トランプ

18年米中間選挙で民主党下院は郊外の女性票を獲得し、多数派に返り咲きました。

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

逆転 トランプ

これらの世論調査が国民を「騙し」、人々の選挙実情への認識を誤った方向に導いているのではないでしょうか? これらのメディアは選挙の不正疑惑が明るみになっても、見て見ぬふりをし、指摘された疑惑は「根拠のない」「陰謀論」だと繰り返し主張しています。 連邦最高裁が12月12日にジョージ・ブッシュ氏勝訴の判決を下すまで「ゴネ」たのだ。

13

トランプ大統領、逆転の可能性と重要発言4つのポイント! ジュリアーニ、シドニー・パウエル、ドミニオン、不正投票【米大統領選観戦ガイド・ケロッピー前田】

逆転 トランプ

・クレジットカード決済 下記URLより、よろしくお願いいたします。 その発表が、クリントン氏に不利なオクトーバー・サプライズとなり、どちらの候補に投票するのか決めかねていた13%の有権者の票を動かしたといわれています。 大原氏は緊急寄稿で、バイデン氏が「三日天下」に終わる可能性すらあると指摘する。

11

【超速報】大統領選、遂にトランプが逆転

逆転 トランプ

ジェームズ そこに持っていけるように、いまCIA右派ネットワークでかなり各州の選挙人と調整しているそうです。

15

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

逆転 トランプ

「マンスプレイニング(mansplaining)」は、マン(man:男性)とエクスプレイン(explain:説明する)の造語です。 そして現在も有効なのです。 最初の「山」となるのは まず、誰もが避けて口をつぐんでいる問題にずばり答えを出そう。

6