ヘイ スタック カルホーン。 ヘイスタック・カルホーンとは

カルホーン、シリーズ初めてのフォール負け

スタック カルホーン ヘイ

に入るとニューヨークのに定着。 10月26日にはにて、力道山とのシングルマッチも行われている。 真っ先に国際に送りたかったのはマーフィーだった」などと語っており、も「もしマーフィーが生きていたらに招聘したかった」との談話を残している。

1

ヘイスタック・カルホーン

スタック カルホーン ヘイ

ザ・シークは、プロレスの「啓蒙書」などにイラスト付きで書かれている説明では十分怪奇派だったが、全日本の最強タッグで毎年フル出場してしまい、ただの老いた悪役になってしまった。 ではもう一度東京スポーツに帰ってみよう。 やはり、素顔を隠した覆面レスラーというのは、それ自体ミステリアスである。

15

来日全外国人レスラー名鑑 ヘイスタック・カルホーン

スタック カルホーン ヘイ

ただし第4回大会のルー・テーズ対ディック・ハットンのように例外的に2回行われたケースもあるが。

17

ヘイスタック・カルホーンとは

スタック カルホーン ヘイ

プロレス&ボクシングでは、下記のように公式戦扱いである。

7

ヘイスタック・カルホーン

スタック カルホーン ヘイ

3本目は1分4秒、リングアウト負けに終わった。

7

カルホーン対鈴木の公式戦は2回行われたのか

スタック カルホーン ヘイ

ミスター・アトミックは、第4回ワールドリーグ戦にも参加している。 しかしそうではないと思われる情報もある。

20

来日全外国人レスラー名鑑 ヘイスタック・カルホーン

スタック カルホーン ヘイ

ヘイスタック・カルホーンが来日した、日本プロレスの1968年第2次サマー・シリーズ。 定番の6人タッグマッチ。 YAHOO! やはりこれも公式戦とはしていないのである。

18

昭和プロレスの怪奇派レスラーを思い出してみる

スタック カルホーン ヘイ

初頭はでの体重300kgのとの巨漢対決 で勝利を収めて注目を浴びた。 地元の新聞は2つとも「30分1本勝負」と書かれていて、公式戦の「8分三回」ではないのだ。 どなたが一番の大食漢かは不明ですが小食の方は一般人と変わりありません。

17